HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

カラー講座や検定に関してよくいただくご質問を、Q&A集にまとめました。
まずは、こちらをご覧ください。
それでも、解決できないご質問やご相談は、お気軽にお問合せくださいませ。

カラー講座全般に関するご質問

カラー講座は難しいイメージがあって不安です。続けられるでしょうか?
ご心配いりません。
カラーは、年齢や性別、経験に関係なく学んでいただけるものです。
初心者の方にも、分かりやすい教材や講座内容にしておりますので、安心してご受講ください。

色彩センスは、全くありませんが大丈夫でしょうか?
色彩センスがないと悩んでいる方大歓迎です。
そもそも、色の組み合わせは、その人の経験や主観で組み合わせている方がほとんどです。
講座では、色彩理論を元に色の組み合わせ方を学習して行きます。
その理論を理解し、TPOに合った色選び・組み合わせができれば「色彩センス」が悪いなどと悩むことはありません。

カラーの勉強をしたら、どんなことに役立つのでしょうか?
様々な活用分野があります。
勉強したことを活かす場所は、人それぞれですが、私たちの住む光のある世界では全てのモノに色があります。ということは、それだけ活かせる・役立てる場所があるのです。
ライフシーン、ビジネスシーンどちらも活かせる所があります。

カラー講座では、どんなことを勉強するのでしょうか?
まずは、色(相手)を知ることから始まります。
色を上手に扱うためには、色の性質・イメージ・見え方・組み合わせなどの基本的な所からスタートして行きます。色(相手)を知ることで、どのように扱ったら良いかが見えてくるからです。
更に、具体的にするために、カラー講座ではファッション・フード・インテリア・フラワー・アクセサリーの色の使い方・活かし方を理解し、カラー実習を行っています。
実際にカラー実習を行い、インプットしたものをすぐにアウトプットする時間をご用意しています。

カラーは、どんな人が勉強しているのでしょうか?
実に様々な方が、勉強されています。
カラーは、年齢・性別・経験を問わない学問です。
学生さんから、OLにサラリーマン、主婦の方まで、幅広い年代の方が学んでいます。
また、業種や職種も様々な方がいらっしゃいます。

カラー講座を受講したいのですが、日程が合いません。どうしたら良いでしょうか?
ハルモニアまでお気軽にご相談ください。
小さい教室ですので、ある程度の融通がききます。諦める前にご相談ください。

普通のOLですが、カラーを活かせる場所はありますか?
OLさんでも、活かせる場所はあります。
とかく、美容系やファッション系、クリエイティブ系の方しか「活かせる場所がない」と思われがちですが、そんなことはありません。
普段作成する、ビジネス文書ひとつを取っても色を使います。
作成したグラフを、より見やすく、分かりやすくするためには、色もひとつのカギです。
プライベートでは、ファッションやメイク、ブログの色使いにも活かせる場所はあります。

カラー検定に関するご質問

色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いは何ですか?
検定を主催している団体が違います。
色彩検定:AFT(色彩検定協会)、カラーコーディネータ検定:東京商工会議所です。
また、色彩検定は「文部科学省後援」となっています。(いずれも2級・3級は、年2回の検定。1級は、年1回の検定となります。)
どちらも1級〜3級まであり、基本的な色彩理論部分の範囲は変わりません。しかし、同じ3級でも少々範囲が異なり、1級にはそれぞれ個性があります。
色彩検定は、1級に2次試験(カラーカードを使った実技試験)があり、配色に力を入れています。
2次試験は、1次試験(筆記問題・一部記述)合格者のみ受験できます。
カラーコーディネーター検定は、1級を3つの専門分野(ファッション色彩・商品色彩・環境色彩)に分け、筆記問題の他に論述問題が出題されます。
詳しくは、それぞれの団体の公式サイトをご覧ください。

ライフケアカラー検定とは、どんな検定ですか?
日本カラーコーディネーター協会が主催するカラー検定です。
身近な生活の色に着目し、衣・食・住・福祉・子育てに関わる色知識を問う検定です。
2級・3級は、年2回の検定。1級は、年1回の検定となります。
詳しくは、団体の公式サイトをご覧ください。

AFT認定色彩講師とは、どんな認定ですか?
AFT(色彩検定協会)が認定する、色彩講師の資格です。
色彩検定1級合格者のみに、講師養成講座の案内が送付され、小論文による選考が行われます。
選考に合格した者だけが、半年間の講師養成講座を受講することができます。
終了試験(筆記・実技試験)に合格すると、認定色彩講師の称号を与えられ、3年に1回の更新があります。

カラー講座に関するご質問受付

上記以外の、カラー講座に関するご質問等は、お問合せフォームからお願いいたします。
後ほど、お返事させていただきます。

お問合せフォームから質問したのに返信が来ないという方へ
お手数ですが、一度迷惑メールフォルダをご確認ください。
まれに、迷惑メールとして処理されてしまうことがあります。
(特にフリーメールアドレスの場合、迷惑メールフォルダに入ってしまうことが多いようです。)


▲ページトップに戻る